バドミントン木製ラケットコレクション

TBSテレビからオファーがあり、本ラケットコレクションより貸し出されたラケットが、再現ドラマやスタジオで使用されました。

 

2016年9月3日放映 TBS「ものづくり日本の奇跡」

バドミントン木製ラケットコレクション

 

 

明治40年~大正7年ごろ

第3回全国バドミントン選手権大会ポスター

1950年(昭和25年)

(現:全日本総合バドミントン選手権大会)

一般男子シングルス 優勝 岡 淳一(神奈川)

一般女子シングルス 優勝 吉田とよ子(神奈川)

ベテランシングルス 優勝 奈良岡健三(北海道)

一般男子ダブルス  優勝 岡 淳一/相馬 万吉(神奈川)

一般女子ダブルス  優勝 吉田とよ子/田村知江子(神奈川)

混合ダブルス    優勝 山田 康久/田村知江子(東京)

ジュニア男子ダブルス 優勝 岡 道明/村松 弘喬(神奈川)

ベテランダブルス  優勝 広田 兼敏/兵藤 昌彦(神奈川)


「ベテラン」って何歳以上の部でしょう?

優勝者の広田兼敏氏って、日本における組織的なバドミントンを広めた・・

とか、1921年当時横浜YMCAの体育主事で、米国YMCAのスネード氏からバドミントン用具一式を譲り受け・・などと「日本におけるバドミントンの歴史」にたびたび登場する人で、調べたら1899(明治32)年札幌生まれ~1981年没とありました。

1950年のこの大会当時は51歳ですね。50歳以上の部かな。

 

日本バドミントン協会設立は1946年

石川県バドミントン協会設立は1948年

 

 

「ラケットショップ元町」の

ラケットカバー
小島一平氏の店?

 

 

世界初のナイロンシャトル

「carlton pro sport K」

1940年代末

羽立工業株式会社とナイロンシャトルの特許について裁判となる

 

 

陸鳥球
平塚市 旧梅屋デパートの包み紙

 

陸鳥球はニワトリの羽根です。シャトル・コック(=雄鶏からきているのですね)

水鳥球はガチョウやアヒルの羽根です。

陸鳥球は羽根の反りが大きく、回転しながら飛んでいたそうです。

 

ハタチ(羽立工業)の陸鳥球

フジエムの陸鳥球

サンバタの陸鳥球

ヨネックスの陸鳥球

KNOW THE GAMES

イギリスバドミントン協会発行 1954年

The Service

 

Round-the-head Smash

 

Dealing with a Wide Short Service

The Back Hand Clear

 

図解バドミントン 不昧堂

1956年(昭和31年)発行

昭和30年代前期はフレームもシャフトもウッドのラケットが主流でした。

ラケットの重さは130gもあり、図のように担ぎあげて構えたようです。

その頃のルールで面白そうなものを拾ってみました。
サーブの空振りはフォルトではなくてレットでした。

サービスのネットインはレットとなりやり直し。

そして究極は、フレームショットがフォルトとされていたという…。

 

 

 

昭和44年5月10日発行

「最新バドミントン教室」

おもしろ練習法

おもしろ練習法 パート2

歌に合わせてフットワーク



ラケットコレクション サンバタ/ヨネックス

米山製作所(サンバタ下請け)時代1957-1961

米山稔は、1957年より、サンバタラケットの下請けでバドミントンラケットを製作を開始した。翌1958年には米山製作所を設立し、このころより低価格品以外に中級品の生産を手掛けるようになった。

○サンバタ(米山製作所)木製ラケット/カワサキ木製ラケット

1958年~1961年ごろ

いわゆる「中級品」の生産を手掛けるようになったころのモデルである。

 

「米山製作所」時代は1958(昭和33)年~1967(昭和42)年だが、親会社のサンバタは1961年に倒産しているので、1958(昭和33)年~1961(昭和36)年ごろのモデルと考えられる。

メーカーのロゴは手書き風

カワサキ製
こちらのロゴも手書き風

 

 

「選手用」のアルミプレートが付き、競技用ラケットであることがわかる。

米山製作所(自社ブランド)時代1961-1967

親会社サンバタの倒産により、ヨネヤマブランドのバドミントンラケットの製造・販売を開始する。

 ○米山製作所 No.2000 キングダイア

1962年~

(株)ヨネックス 社の沿革によると、

『1962(昭和37)年

バドミントンラケットの原点と言われるNo.1000、2000を発売。

当時の関東大学リーグで、初優勝した中央大学が使用したラケットにちなみ、その活躍が「茶色の旋風」と呼ばれ、使用ラケットであるNo.2000が時代をリードすることに』

とある。

ヨネヤマ製フィクチャー(プレス)

バネ式タイプ

 

 

○米山製作所 No.3000 カレッジエイト

1963年~1966年ごろ

1962(昭和37)年にNo.1000とNo.2000を発売しているので、

このNo.3000は、それ以降の1963(昭和38)年~1966(昭和41)年のものである。

 

※1967(昭和42)年には、米山製作所→ヨネヤマラケットに社名を変更している。

ヨネヤマ製フィクチャー(プレス)

ネジ式タイプ

 

 

○米山製作所 No.5000 ファイブエース

1963年~1966年ごろ

 

ヨネヤマラケット時代1967-1974

ヨネックススポーツ時代1974-1982

ヨネックス時代1982-

8.ヨネックススポーツまたはヨネックス B-400 スキル

このロゴ(旧ロゴ)の使用は1979年ごろ~1998年3月ごろ

「ヨネックススポーツ」時代は、1974年~1982年(昭和49年~57年)

9.ヨネックススポーツ B-500 チャレンジ

10.ヨネックススポーツまたはヨネックス B-600 プロウェス 青

1979年ごろ~1998年3月ごろ

11.ヨネックススポーツ B-600 プロウェス 白

「YONEX」で「yyロゴ」の使用期間は、1974年ごろ~1978年ごろ

12.ヨネックススポーツまたはヨネックス B-700 ラッキーセブン

1979年ごろ~1998年3月ごろ

ラッキーセブンのデッドストック品

13.ヨネックススポーツ B-800 スリーエイト

14.ヨネックススポーツ B-900 スリーエース 

15.ヨネックススポーツ B-1000 クイーンハート

16.ヨネックススポーツ B-2000 キングダイヤ

17.ヨネックススポーツ B-3000 カレッヂエイト

18.ヨネックススポーツ B-4000 カレッヂエイト デラックス

19.ヨネックススポーツ B-5000 ファイブエース
1974年~1978年

20.ヨネックススポーツ B-6000 ファイブエース デラックス

1974年~1978年

21.ヨネックススポーツ B-6500 トップエース

22.ヨネックススポーツ B-9000 ハイステンレス

1974年~1978年

23.ヨネックススポーツ B-9100 スリムステンレス

1974年~1978年

24.ヨネックススポーツ B-9300 カーボネックス3

1974年~1978年

 

 

 

バドミントンマガジン 1981年4月号の記事より

 

 

バドミントン界 1970年3月号

 

 

バドミントン界

1970年9月号

ヨネックス アルミナシリーズ

B-750 アルミナ7.5

 

 

 

B-850 アルミナ8.5(画像無し)

 

 

 

 

B-3500 名称不明

B-4500 アルミナスプライト

リム・スイ・キン

 

 

B-5300 アルミナ53(画像無し)

 

 

 

 

B-5400 アルミナ54

B-5500 アルミナ55


赤色バージョン

B-7000 アルミナエース

1974年~1978年

No.8000 アルミナハイパワー(ヨネヤマラケット)

1971年~1973年ごろ

B-8000 アルミナハイパワー(ヨネックススポーツ)

B-8000 アルミナハイパワー(ヨネックススポーツまたはヨネックス)

B-8100 ブラッケン

ブラッキー

BH-8100 ブラッケンⅡ

ブラッキー

 

 

B-8200 ニュープリンス(画像無し)

通称ホワッキー

 

 

 

B-8300 カーボネックス7

1974年~1978年

当時の「y」マークのステンシルが残る貴重なラケット

カーボネックス3、7発売当時のカタログより

 

「日本初のことーこのラケットにはRとXの表示があります。

Rはレギュラーでスナップ打法用。Xはエキスパートでフルスイング用です

 

B-8500R カーボネックス8


「R」だからスナップ打法用

 

このあたりからラケットは100gを切る時代へ~

 

 L・・・Light

SL・・・Super Light

 U・・・Ultra Light 95g~100g

2U・・・90g~94g

3U・・・85g~89g

4U・・・80g~84g

5U・・・75g~79g

6U・・・70g~74g

 

 

 

 

ヨネックスカタログ 1981年 を入手。

カーボネックス8
B-8500

9800円

フルカーボンロングシャフト

特殊アルミ合金フレーム

カーボネックス7
B-8300

9100円

カーボンロングシャフト

(カーボンコーテッド)

特殊アルミ合金フレーム

 

カーボネックス3
B-9300

8900円

カーボンテーパーシャフト

ウッドフレーム

 

スリムステンレス
B-9100

6900円

スリムステンレスロングシャフト

ウッドフレーム

 

ファイブエースDX
B-6000

6000円

スチールロングテーパーシャフト

ウッドフレーム

ブラッキー
B-8100

7200円

スリムステンレスロングシャフト

特殊アルミ合金フレーム

 

アルミナハイパワー
B-8000

6700円

アルミロングテーパーシャフト

特殊アルミ合金フレーム

 

アルミナエース
B-7000

6700円

スリムスチールロングシャフト

特殊アルミ合金フレーム

 

B-5500 アルミナ55 5600円

B-5400 アルミナ54 5600円

B-5300 アルミナ53 5600円

B-5000 ファイブエース 5500円

B-4000 カレッヂエイトDX 5100円

B-3000 カレッヂエイト 4500円

B-2000 キングダイヤ 3800円

B-1000 クイーンハート 3400円

B-950 アルミナ9.5 3700円
B-850 アルミナ8.5 3300円

B-750 アルミナ7.5 2900円

B-900 スリーエース 3500円

B-800 スリーエイト 3100円

B-700 ラッキーセブン 2400円

B-600 プロウェス 1800円

B-500 チャレンジ 1600円

B-400 スキル 1100円

フジエム・ボックスセット(オールウッド)

フジエム/ボックスセット

河崎ラケット工業/ボックスセット

お年玉付き年賀はがきの景品(3等賞/1972年)

 

1972年(昭和42年)のお年玉付き年賀はがきの景品

1等 カセットテープレコーダー 2446台交付(仕入れ単価21700円)

2等 浄水器          12174台交付(仕入れ単価4290円)

3等 バドミントンセット   108241セット交付(仕入れ単価495円)

4等 グリーティングカードと封筒セット

5等 年賀切手

ボックスセット/ヨネヤマラケット

1973年

青と緑のコーポレートカラー導入は1973年からで、

ヨネヤマラケット(YONEYAMA)→ヨネックススポーツ(YONEX)へ社名変更は1974年。

したがって、

「YONEYAMA」「yyマーク」「青と緑のカラー」の三拍子が揃った時代は1973年のみ。


ボックスセット/ヨネヤマラケット
 上のセットと内容はほぼ同じだが、大丸デパートバージョン。

ロゴマークはさらに古いので、1967年~1972年ごろのものと思われる。


ところで昔、「ダイマルラケット」という漫才コンビがいたが・・・。